踊る肉団子攻撃
怜音(レオ)君、小ぶりで食いしん坊なゴールデンレトリバーの男の子、 推定年齢11歳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


去勢したわんこの憂鬱
レオは去勢してから我が家に来ました。もともとフレンドリーでどんな子とも仲良く出来ました。
一昨日の朝の散歩、いつもよく会うコーギーのメイくんとお散歩してると、前方からメイくんのお友達コーギーくんがやってきたのでゆっくりと挨拶をしにいきました。すると突然歯をむいてガウウウとコーギーくんがレオの顔面に飛び掛ってきて、びっくりしたレオも吠え返しました。(最近、東マックスの問題犬のしつけコーナーに出演してた犬らしい)
この日からレオの受難が続きます。
その日の夕方、時々一緒にお散歩するわんこ達と歩いていると、黒ラブのブラッキーがいたので挨拶してました。(ブラッキーはデリィの弟分です。)
みんながブラッキーを囲んで一休みしていると、そこへミニチュアダックスの男の子がみんなに挨拶をしにやってきました。
当然レオも尻尾を上げてその子にお尻を嗅いでいいよをしました。でもそのダックスはレオのちんちんのニオイばかり嗅いで離れようとしません。あまりにしつこく、飼い主さんもいい加減にしなさいと注意してもやめず、しまいにはレオの前足にしがみついてマウンティングをしようとしました。レオはもう我慢できないとばかりにその子に吠え掛かりました。向こうの飼い主さんもレオに嫌な思いさせてごめんねと誤ってくれました、デリィ姉ももっと早く引き離すべきだったと反省。
一緒にお散歩していた柴犬の力丸くんも去勢していて、あまりにしつこくちんちんをニオイ嗅がれたり舐められると吠えるらしい。力丸君はとてもおとなしい子なんです。

家の前まで帰ってきたら、ゴールデンの男の子ルディに会ったのでレオも尻尾を上げてご挨拶。ルディはレオがお尻を嗅ごうとするとお尻も尻尾も下げて嗅がせません。しつこくレオのちんちんのニオイばかり嗅いで離れないのでレオが怒り出しました。
ルディは2代目ゴールデンで飼い主のお兄さんとも前から知り合いです。ルディはお兄さんにお前が悪いと、お尻をレオに差し出されてました。でも腰を低くして尻尾は丸め込んで拒否してます。お尻を触られるのも苦手らしいのです。
ルディは何度もお兄さんにお尻を差し出され、犬同士の挨拶の勉強だと教えられてましたが、そのうちレオももう興味ないという態度。

昨日の夕方もブラッキーにあったので、足の悪いブラッキーとゆっくり散歩。
しばらくすると、トイプードルを連れた年配のおじさんがおいでおいでとするのでゆっくりと寄っていきました。連れていた犬は男の子だったらしく、やはりレオのちんちんから離れません。
レオ、前の日に引き続き激怒!
ブラッキーのお母さんもしつこくされて嫌だったね、とレオに声をかけてなだめてくれました。
これでもう決定的です、これからは相手の犬が去勢してるか確かめてからしか挨拶させないようにしようと思います。
レオはあまりしつこく相手のニオイ嗅ぎをしません、生後6ヶ月前に去勢していたデリィはもっとニオイ嗅ぎに淡白でした。
逆に、去勢した男の子は未去勢の男の子の興味の対象になり、からかいの対象になったりもします。デリィも随分嫌な思いをしました。

何年も前のことですが、去勢されたゴールデンの男の子が4~5頭の雄犬に走って追いかけられてまでかわるがわるマウンティングの対象になっていたのを見たことがあります。その子が逃げても逃げても雄犬達はみんなで囲むように追いかけました。その子自身は他の犬にマウンティングすると飼い主に怒られているそうですが、このとき雄犬の飼い主たちの犬の行為を止める人は一人もいなくて、私は唖然としてデリィと立ってました。
犬にもプライドはあるし、傷ついたりもします。
女の子わんちゃんがお尻のにおいを嗅がれるのは嫌だと吠えても雄犬とけんかになりませんが、雄犬同士はプライドを傷つけられた結果ケンカに発展したりします。
そのうち、わんちゃんたちの気持ちについて書いていきたいと思います。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 踊る肉団子攻撃. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。