踊る肉団子攻撃
怜音(レオ)君、小ぶりで食いしん坊なゴールデンレトリバーの男の子、 推定年齢11歳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レオの左目 
今日、はやしばら動物病院に行った。
外耳炎が治らず、左耳は触るとキャイーンと言って噛もうとするぐらい痛みがあるようだ。

怜音を診察台の上に乗せてみて、気のせいか?と目を疑った。
あれ?35キログラムと表示が…。

もしかして大台突破…

だが、今日は更にショックが続いた。

これがだめなら、注射にしましょうと言われ、ザイマックスイヤープロテクター(耳洗浄液)と点耳薬をもらったが、会計の時、ザイマックスイヤープロテクターのお値段に驚いた。

なんと、8千円…。

ついでだから、気になっていた左目が結膜炎になっていないか聞くと、結膜炎は大したことないけど、左目はほとんど見えていませんよと言われ、???

そういえば、一昨年、田端の樹徳館(気功教室)の佐藤館長に電話でペットも診てもらえるか相談した時、怜音か飼い主の私のどちらかが左目が殆ど見えていないのでは?と言われていたけど、私の左目は極度の近視乱視だったので、私のことかと思ってそのままにしていた。
あれはきっと、怜音のことだったに違いない。怜音の眼を確認しておけばよかった…、後悔しても遅いけど。

ここのところ、レオにとって左側からおやつを見せてもわからず、探しまわったりしていた。
そういえば、この前、多摩川に行った時も、読んでる私の姿が見えていない感じでだった。

網膜剥離の可能性があり、炎症度合いは瞳孔を開いて、超音波で見ることになるが、治る見込みはないそう。
もしかしたら、やせれば炎症は止まることもあるらしい。

腎臓、膵臓、膿皮症、網膜剥離? 難しい悩みが増えて、頭を抱える。

怜音を助けるにはどうしたらいい?
スポンサーサイト




Copyright © 踊る肉団子攻撃. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。