踊る肉団子攻撃
怜音(レオ)君、小ぶりで食いしん坊なゴールデンレトリバーの男の子、 推定年齢11歳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年8月1日AM3時18分 「 怜音 」 お空へ旅立ちました
危篤状態が今週は続き、7月31日の昼間、床の上に少しだけ、怜音が吐いたようなものがあったが、まさか、鼻から出ていたとは思っていなかった。
ぐぐぐっぐぐぐっと鼻先で言っていて苦しそうだったが、撫でてあげることしか気が付かなかった。
19時過ぎ、鼻からブクブクとグレーの泡を大量に吹き始め、はやしばら動物病院は留守電だったのでメッセージだけを入れ、そら動物自然治療室の新妻先生にも電話を入れると、「危険な状態だから、夜中でも電話してきていいからね。とにかく、明日は必ず行くから。」と言われた。

20時過ぎ、はやしばら先生から電話がかかってきた。
様子を伝えると、すぐに往診に来てくれて、胃に溜まってっていたものが逆流して鼻から出ていて、小型犬なら鼻から胃に管を通せるが、大型犬は先生が手で管を鼻から入れていくため、食道までしか管が届かず、入院しても厳しいとの診断。

こよりを作って鼻を刺激して、鼻に詰まったものを少しでも出してあげるよう指示され、鼻が落ち着いたら、点滴をしてあげるようにと、吐き気止めの注射をし、点滴セットを置いて行った。

昨日に続き、今日も私は一晩中起きている覚悟でいたが、23時から1時まで妹が、こよりを鼻から入れて刺激して、鼻面から奥に詰まったものを絞り出し続けた。
その間寝させてもらってから私が引き継ぎ、怜音を真ん中に挟んで、妹は隣に休んだ。

暫くの間、私が鼻のつまりを刺激したり、吐き気を抑える指圧をすると、怜音の呼吸が穏やかになり始めたので、まさかと思い、急いで妹を起こした。

妹も私も「怜音! 怜音!」呼びかけたが、

気を失うようにして力が抜けてきた怜音は、最後にお腹を下した後、鼻からもの凄い勢いで、胃に溜まっていたものを噴き出し、息を引き取った。

私の判断ミスで、苦しめる結果になってしまってごめんね。もっと早く、胃液の逆流に気が付いてあげてたら・・・
辛かったね。本当にありがとう。
DVC00230.jpg
スポンサーサイト


うちの子記念日
今日で、うちの子丸7年。本当の年齢は判らないけど、11~12歳かな?
2月の大雪以降、お座りをするのが難しくなってしまった怜音。
でも食欲は旺盛。
補助無しで立ち上がることもできないから、午前中は寝場所が気に入らないと、ひんひん、ぴーぴー言って訴えてきました。
シニアになって、一昨日は丸一日寝ているような感じだったけど、それ以外の日は元気いっぱい。
顔を上にあげることがなくなって、笑顔を見ることもなくなってきたけど、毎日一生懸命生きてる怜音です。


0609.png


デリィが生まれた日
デリィが生まれて19年が経った。10年しか一緒にいられなかったけど思い出がいっぱい。
今年のお誕生日には、グレースと一緒の写真を押し花の額に入れて、グレースママがプレゼントしてくれた写真が飾ってある。
デリィがガオガオしながら寝っころがってグレースと遊んでいる。グレースにはいっぱい遊んでもらった。

デリィの大好物だった甘栗と餃子。うまうまバームクーヘン。

お誕生日のお供えを狙った茶色い頭は誰?

0211.jpg



おいしそうですね。少しくださいと狙ってる怜音です。

0211leo.jpg


久しぶりの大雪
朝から大雪注意報。
朝イチのオシッコはうんちもしたけど、雪の寒さで早々に帰ってきた。
2時のオシッコの時、誰も来ないのを確認してちょっと放牧。久々に雪でゴロゴロして楽しそうだった。


2月3日 豆はまかないけど節分の日
近所のラムちゃん。お嬢ちゃまも今年で12歳、怜音と一緒に写真を撮りたかったけど、ラムちゃんの家まで行ったら、おうちに入りたいモードになってしまい、一緒に写真を撮れなかった。

ラムちゃん


怜音ちゃん、豆まきはしないけど、おうちの前でお写真撮ろうか?

setubun 1  「エ~、お写真…」と言っていそうな表情。



ssetubun 2 ニコッとね!





Copyright © 踊る肉団子攻撃. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。